学校案内

学校長あいさつ

学校長あいさつ

本校では、昭和33年の開設以来、「目は高く 足は大地に」という校訓のもと、その実践を目指して教育を行っています。この校訓は本校の創立者で、初代校長でもある山口末一先生によって考えられたものです。それから、50年以上が経過し、その当時には考えられなかった変革が、日本だけでなく世界中に起こりました。しかしながら、グローバリズムの波が押し寄せ、IT革命による変革が起こった現在だからこそ、この校訓の持つ意味は、より深みを持ち、輝きを増しています。

「夢を目標に変えて現実にする。そのために計画し行動することの重要性。」このことを本校に入学した生徒たちは考えます。言い換えると、これは自分の人生をどう生きていくかを3年間で学ぶことなのです。

「なぜ働くのか」「どのような職業に就くのか」「なぜ学習するのか」「どのような学校に進学するのか」「自分のためやお金を得るためだけでなく、社会貢献としての仕事とは何か」どれも簡単に答えが出る問題ではありません。また、もしかしたら正解は一つではないのかもしれません。

本校では、国際化やICT化が進み、大きな変革が起こっている社会に対応すべく、「探究コンパス」という活動を設けましました。これは、大人になって社会に出たときに求められる、正解のない問題に自分なりの答えを見つけていく学習です。その練習を高校の3年間で、思考力、判断力、表現力を使って能動的に行っていきます。これまでの、進路指導システムの「進路コンパスと」と、学習指導システムの「学習コンパス」と併せることで、より具体的に「自分の将来」と「社会の結びつき」について深く考えられるようになります。

もちろん、そこには学習と部活動の文武両道をこなし、建学の精神である「知・情・意・体」という調和のとれた人間を目指す教育理念が根底に流れています。

社会がどのように変化しても、また、世界のどのような地域へ行っても、リーダーシップを発揮して活躍できる人材育成を目指して、本校は教育活動を行っています。

夢を現実にするために、札幌から世界へ飛び立ち、社会貢献に努力しようとする皆さんの入学を心よりお待ちしております。

pagetop