学校からのお知らせ

学校からのお知らせ

日本数学オリンピックと数学コンテストの結果

 1月8日に行われた、第28回日本数学オリンピック予選の結果、Aランク賞を得た藤井天守君(高校2年)と佐々木大夢君(高校1年)が、見事に本選出場を果たしました。また残念ながら予選は通りませんでしたが、北海道地区応募者の約1割の成績上位者として、天羽遼君、金子智紀君、駒場敦君(全て高校2年生)の3名が表彰されました。

 同日に行われた、第16回日本ジュニア数学オリンピック予選の結果、aランクを得た、北山喜一君(中学3年)が、見事に本選に出場を果たし、その他に、髙橋颯太君(中学3年)、石割真人君(中学2年)、藤原知矢君(中学1年)とあわせて合計4名が地区表彰者となりました。

 2月11日には、それぞれの本選が行われ、藤井天守君は日本数学オリンピック優秀賞(応募4415名中24位以内)、北山喜一は日本ジュニア数学オリンピック銅賞(応募3242名中11位以内)をそれぞれ受賞し、3月下旬に行われる春合宿に招待されています。さらなる選抜をへて、国際数学オリンピックの日本代表を目指していきます。  なお、藤井天守君は、3月13日に行われる、アジア太平洋数学オリンピック(APMO)にも招待されています。APMOは、太平洋を囲む国々が参加しての地域の数学コンテストで、昨年は39カ国・地域が参加しました。時差を考慮に入れてほぼ同時刻に各国で、実施されます。

 さらに、1月10日に全道から129名の中学生・高校生が参加して行われた、第36回北海道高等学校数学コンテストでは、松野晃洋君(高校2年)が5位、作田有太朗君(中学2年)が6位、西田耕平君(高校1年)が12位、佐々木大夢君(高校1年)が18位に入りました。3月3日に表彰式等が行われます。
 北嶺生のますますの活躍を期待しているところです。

pagetop