一般

祝 東京五輪内定 陸上競技男子やり投げ日本代表 小南拓人選手

2021年07月20日 一般

令和3年6月24~27日の4日間、大阪長居スタジアムにて第105回日本陸上競技選手権大会兼東京2020オリンピック日本代表選手選考競技会が行われました。 本校第54期(平成25年度)卒業生の小南拓人選手が男子やり投げに出場。80m88㎝を投げて見事初優勝!東京2020オリンピック日本代表に内定しました。
小南拓人選手は高校2年生から陸上競技を始めました。持ち前の身体能力と探求心で一気に成長。高校3年の2013大分インターハイで男子やり投げで高校日本一に輝くと、大学では全日本インターカレッジや国民体育大会で日本一。社会人ではついに日本選手権大会で優勝。全ての世代で日本一を獲得し、トップアスリートになりました。
ここまで来るには簡単なことではなく、影の努力や苦難を乗り越えてきた成果だと思います。高校時代には東京2020オリンピック出場も目標にしていたので、見事有言実行したことになります。
小南拓人選手の東京2020オリンピックでの活躍を札幌第一高校在校生、同窓生、教職員含め関係者すべてで応援していきたいと思います。 世界にはばたけ小南拓人!

(撮影者 奥井隆史さん)
pagetop